スポンサードリンク

2014年2月1日土曜日

妊娠中の温泉は問題ない? 環境省が基準見直し

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
1月24日に、以前から気になっていた問題についてのニュースがありました(引用しようかと思いましたが、著作権が心配で引用してません。よかったら検索してみてください)。

1982年に温泉法で「禁忌症」の中に「妊娠中(特に初期と末期)」が入れられることになったそうなのですが、なぜこれが入ることになったのか、当時の記録も残っておらず、医学的根拠もない、というのが今回の議題にのぼったようです。
今回の案の中では、禁忌症のみならず「妊娠中」の文字は一つも入っていませんでした。

実際には、パブリックコメントなどを経て、夏頃に正式に基準変更がなされるようです。

「妊娠中に温泉に入ってもいいの?」
の質問に、やっとまともな答えが出せるときがきたようです。
これまで、温泉地に掲げられた掲示に「妊娠中」と書かれているがために、入れなかった妊婦さんもいるのではないかと思います。
今後どうなるかはパブリックコメント次第とは思いますが、以前より敷居が低くなることは間違いないでしょう。

で、実際に妊婦さんが温泉を避けるべきという医学的根拠はないの?

と言われると、恐らく二つほどは思いつくことがあります。
一つは、妊娠末期の場合、足下が見えにくいので、温泉のつるつる滑る床は危険だろうということ(これは医学とは関係ない気もしますが……)。
もう一つは、公衆浴場などではどんな人がどんな入浴をしているかわからないので、感染症をもらう可能性がないわけではない、ということ。
ただ、これらについては妊娠中だから特に避けろという話ではなく、普段から可能性があり、妊娠してない人でも気をつけましょう、という話となります。

そもそも、普段入浴しているのに、温泉はだめというのはあまりに理にかなっていません。
普通にきれいにしている温泉に入って、きちんと清潔にして出てくる分には問題ない、と私は考えます。
あくまで個人的なことを言うなら、泥風呂のようなものはおすすめしません。これは妊娠中も健康な時も変わらずですが……膣内や尿道などに泥が入るのは、かなりリスキーと思います。
私自身も、私の住んでいるところが温泉が豊富なところですので、妊娠中も温泉には何度か入りに行きました。

もちろん、普段の入浴同様に、入浴前に水分を摂り、湯あたりに気をつけ、入浴後もしっかり水分摂取。これに気をつけて、寒い冬を乗り切ってくださいね。

環境省の温泉法のパブリックコメントはこちらで募集していました。興味のある方は応募してみては?

0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。