スポンサードリンク

2015年6月25日木曜日

Amazonファミリー会員は大層おすすめという話(再掲)

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
(紹介されて入会すると1000円クーポンキャンペーンが終了しました。詳細は最下部をどうぞ)
(定期おトク便のキャンセルをしても大丈夫かどうか、実際に試してみた話も追記しましたので、気になる方はどうぞ。悪質なやり方でなければ大丈夫なようです)

医学と関係ないです、すいません。
妊娠中の方もそうかと思いますが、出産するとなおさら、外出して買い物、というのが困難になります。
妊娠中の方が、自分一人頑張ればなんとか動けるからよいのですが、赤ちゃんがいると本当に身動きとれない。週末に旦那に赤ちゃんを預けて、1時間くらいで1週間分の食料品&生活用品を大急ぎで買って帰る……というのが精一杯。
それ以外の買い物……というのは、田舎住まいの私の場合、ひたすらネット通販ということになります。
で、出産して思ったのですが、おむつって重くてでかい!
1週間に一度の買い物でおむつを買ってしまうと、他の買い物を減らさねばならないくらいでかい。
100枚入ってても、2週間くらいで使い切ってしまうんですね。知らなかった。



というわけで、おむつもネットで買いたい……と思って調べたら、アマゾンのファイリー会員というのが大層お得であることが判明。
おむつとおしり拭きが15%オフ、配送料無料。お届け指定もお急ぎ便も無料。
一応有料で年会費が必要ですが、ベビー用品に使える同額のクーポンがついてくるから、実質無料(翌年は3900円かかりますのでご注意)。
おむつとおしりふきの15%オフ、というのは、定期おトク便(毎月同じ商品が届く)というものなのですが、いつでもキャンセル可能なので、1回買ってキャンセルもできます。なので、実質毎回15%オフ。サイズがいつまで使えるかわからないので、いつでもキャンセル可能はありがたい。一年せずに年会費を軽く上回ります。
うちの赤ちゃんがひどい下痢になって、大量にオムツが必要になった時は、定期おトク便が届く日までになくなりそうだったので、キャンセル→再度購入、というのを2回ほどしました。定期おトク便、本当にキャンセルしても大丈夫かとハラハラしたんですが、問題なく届きました。
調べると、規約に「商品のお届けが、連続して3回キャンセルされた場合は、定期購入契約をキャンセルする場合があります」とあるので、悪質なキャンセルを繰り返さなければ大丈夫なようです。キャンセルするのが怖ければ、定期おトク便のお届け日を変更するとよいです(例えば、25日にお届け予定だけど、10日くらいに届いて欲しい! という時は、届いて欲しい日の数日前までにお届け日を変更すれば間に合います)

パンパースを買うなら、私の場合絶対ここです。私の行動範囲の店のどこよりもものすごく安いです。もうずっと定期おトク便で購入しています(2歳現在)。いろいろ試しましたが、パンパースがもれないし(下痢の酷い時ですら、ほぼもれることはありませんでした)、おむつかぶれもほとんどないし、うちの赤ちゃんには相性がよいようです。

↑ここに書いてる値段は定価なので、ファミリー会員になって定期便にすると15%オフになります。3つセットなので、新生児以降Sサイズになってからくらいがいいかも?(出生児体重次第で新生児サイズは使う期間がかなり短い子もいるので)

特に現在プライム商品の送料が無料ではなくなったので、プライム会員になっておくと小さい買い物も気兼ねなくできます。買い物が大変な妊娠中、子育て時期のお母さんたちにぜひ。
あと、最初の3か月は無料です。これも無料期間にキャンセル可能。
アマゾンをよく使う&赤ちゃんがいる人にはぜひおすすめします。



追記:Amazonプライムビデオがはじまったので、こちらも年会費据え置きで見放題。我が家では「うっかりペネロペ」と「まんが日本昔ばなし」と「ふうせんいぬティニー」が大ブーム。他にもドラえもんやら妖怪ウォッチやら、もちろん大人用にも沢山映画があります。
プライムミュージックも聞き放題。童謡やクリスマスソングなど、子ども向けのも沢山あります。もちろんクラシックも充実。買うほどじゃない童謡なんかがいくらでも聴けるので大層便利。
この記事を書いた当初よりかなりサービス増えています。今後も期待。年会費3900円でこれはありえないくらいおトクです。

追記と修正:ごちゃごちゃ書きましたが、どうやら紹介された人もした人も1000円のキャンペーンが終了したようです。
3900円クーポンは引き続き配られています。プライム商品の送料無料を考えると、買い物が大変な産前産後に入会すると便利ですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。

33歳女医、やっと子どもができた頃