スポンサードリンク

2014年7月16日水曜日

産後の肛門痛と便秘からようやく解放されました

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
妊娠中に陰部静脈瘤になり、産後は産後で痔になり……と、どうにもお下の悩みから解放されない日々が続いていましたが、ようやく元の身体に戻りました。

妊娠中の陰部静脈瘤の話は前に書きましたが、ずっと腫れぼったい感じと微妙な痛みがありました。
産後は会陰切開の傷の痛みや違和感で、あるんだかないんだかさっぱりわからない状態でしたが、傷が治った頃には、前のような陰部静脈瘤の不快感はすっきりとなくなっていました。
やっぱり、赤ちゃんに血管が押されていたり、ホルモン変化のせいだったり、血液量が増加したりしていたせいなんだなあ……と実感。
ただし、次回妊娠の時にはまた起こるだろうことが予想されるので、それについてはちょっとブルーです。
次回ひどいことになったら、産後の余裕ある時期に、消化管外科に検査と相談に行こうと思います(3人目、とかいう話になれば、ですが)。



そして、痔。このあたりは、1か月健診2か月頃の記事にちょこっと書きました。
痔と言いましたが、実ははっきりしていません。
痛みが2種類あって、一つは「トイレに行きたい」と便意を催すと、尾骨あたりにズキーンと響くような痛みでした。特に産後すぐ〜1ヶ月がひどくて、軽く涙が出そうになるくらい痛く、また痛くてきばるのが怖い(実際には、きばっても悪化はしない)状態でした。
産後2週間たったあたりから、少しずつ頻度が減って来て、1か月半あたりでようやくなくなりました。
おそらく、分娩時に骨盤内の神経などが長時間圧迫された結果、一時的な神経の異常興奮で疼痛をきたしていたんじゃないかなーと思います。

もう一つが肛門痛で、これは排便時の痛みでした。触診してみても、はっきりした外痔核は見つからず。トイレットペーパーにちょこっと血がついていたので、裂肛か、内痔核があったのか……裂肛にしてはえらく長引いたので、内痔核だったのかな、と思います。
あまりに酷い時は薬を使いつつ、これから解放されたのが、2か月半ほどたったあたり。

ついでに、妊娠中に発症した便秘(便通異常)も、産後もなかなかすっきりは治りませんでした。痛みがあるせいもあり、マグミットや食物繊維を摂らないと出ないのが約2週間ほど(妊娠中に買い込んでいたイージーファイバーは大活躍しました)。
 
そのあとも、なんだかすっきりしない便の性状だったのですが、これも肛門通が治った2か月半ほどで、産前の快便状態に戻りました。ああ、トイレに行く事が快適って素晴らしい……


あー、一生治らないかと思いました。
痔や、便のことだけで取り上げてみても、やはり妊娠・出産による身体の変化(といいますか、ダメージといいますか)は、分娩後もすぐに回復するものじゃないんだな、と痛感しました。単純に産後6週間ほどを産褥期と言いますが、もっと長いスパンで治っていくものなのでしょう。もちろん個人差はあると思いますが。
産後は子育てに追われる日々になりますが、やはり自分の身体も大切にしてあげないといけませんね。

1 件のコメント:

  1. 今晩は、メテルギン検索していてこちらのブログに辿り着きました。
    ブログ主さまと同じ32歳、8週目での流産で、現在メテルギンを処方され、大量出血真っ只中です。
    これを乗り切らなければと思いながらも出血の多さと貧血でひよひよしています(笑)
    ブログ、読ませて頂きとても参考になりました。
    次の赤ちゃんも成長しないタマゴだったら…と今から次の子作りを不安に思っています…
    また、訪問させて頂きますね!

    返信削除

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。

33歳女医、やっと子どもができた頃