スポンサードリンク

2014年5月31日土曜日

産後2ヶ月の私の身体(体重、悪露、会陰切開、母乳など)

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
予想通りの忙しさで、全く更新ができていません。
そのうち、もう少し余裕が出てくるのでしょうか……うーん、まだまだ目処が立ちません。

さて、2か月たって、産褥期を無事に抜け出したところです。
2か月で、どれだけ元の体調に戻ったか。体験談を一つご報告。



まず体重。戻りました、12kg痩せました。
なにをしたということはなく、忙しくて食事がとれないことが時々あること、それになにより母乳をあげているということが痩せた原因でしょうか。
やはり母乳分のカロリーが出て行くため、スムーズに痩せれたようです。
そして母乳をあげているため、乳腺が発達し、バストの質量が増大。ですので、産前よりもバスト以外の部分はむしろ痩せたように思えます。

悪露。もう全くありません。1か月越えて、時々赤色の悪露がちらちらと出ましたが、1か月半ほどで完全に透明に。その後は普通のおりもの程度になりました。

会陰切開の傷の痛み。もうほぼありません。
時々ひきつれる感じが、一か月過ぎてもあったのですが、現在はありません。
時にむずがゆい感じがあります。傷が治っている証拠かもしれません。

母乳。量がましてきて、ほぼ母乳だけでまかなえるくらいになりました。
が、今後預けることも考えて、哺乳瓶に慣れさせるためにも、夜間は粉ミルクを1度追加の混合栄養でいくつもりです。

月経。まだきません。
母乳を与えていると、プロラクチンの分泌の影響もあり、月経の再開は遅くなる傾向があります。友人は母乳をあげている間は一度も月経がなかったとのこと。
とはいえ、完母でも混合でも、生理が来る人は来ます。ですので、避妊はお忘れなく。
尤も、これまたホルモンの影響もあるのか、痛くて痛くて、性交自体が辛い現状ですが……うーん、いつになったら元通りになるのか……

体調。概ね良好です。
産後貧血があったのですが、その後検査しておらず。鉄剤のサプリを飲んでますが、時々ふらつきます。低血圧かもしれませんが。
睡眠時間が短いので、辛い日は辛いですが、日中も隙をみて赤ちゃんと一緒に寝る事ができれば元気です。
橋本病の方ですが、ちょっとチラーヂンSの量を増やしていたので、やや甲状腺機能亢進状態です。現在調整中。

あ、そうだ。
痔。痛いです。
排便前にお尻が痛む感じがあったのですが、それは改善。痔の痛みではなかったようです。
排便時は痛いです……。うーん、あまり治らないようなら、消化器外科(肛門外科)にかからないとなあ……

とまあ、赤裸々にこんな感じです。
完全に元の身体に戻るのは、授乳が終わってからでしょうか。
異常に長い二か月でした。
また時間をみつけて更新したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。