スポンサードリンク

2014年2月4日火曜日

茶色のおりものの話・続

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
一つ前のエントリーで茶色のおりものが出ているという話を書きましたが、その続き。

今日産婦人科で妊婦健診があるので、念のため先生に伺うことにしました。
尿検査と、血圧、体重計測後、エコーのある部屋に通され、腹囲と子宮底長を測るといういつものパターン後、先生登場。

「お変わりはなかったですか?」
「えー、それが、ほんの少しなんですけど茶色いおりものが出てまして」
「ふむ、お腹が張った後とかに出る事が多いんですが、そんな感じはありました?」
「いえ……うーん、そんな時もありましたが、関係なく出る時もあります。腹痛とかはないです」
「破水感はあります?」
「ないですねえ」
「わかりました、あとで産道を見させてください」

ですよねー。経腹エコーだけで済むと楽なんですが、やっぱり内診必要ですよねー。

とまあ、そんな感じで、とりあえずいつも通り赤ちゃんのチェック。
ただいま、31週です。
BPD 8.64cm
APTD 7.84cm
TTD 7.72cm
FL 5.95cm
胎児の推定体重 1922g(!)

前回は少し小さめの1200gだという計測だっただけに、1900g超えは驚きです。2週間で700g増えたと? もう2kgじゃないですか。体が重いはずだ。



「1900g、でかいですね!」
「そうですね……頭が大きく出ましたね。旦那さんは頭が大きいですか?」
「いや、特には……大きくないと思います(むしろ小さいような)」
「先生(私のことです)は、頭が大きいと言われたりします?」
「いや……特には……」
「変な事を聞いてすいません」
「あ、いえ」

あまり頭が大きくなると、経膣で産むのが大変だなあ。というか、水頭症とか大丈夫なのかなあ。と思わないではないんですが、まあ+2.07SDなら……測り方の問題もあるだろうし、次回計測で様子見するしかなかろうな、という感じ。
また後で、エコーのDVDしっかり見てみようと思います。一瞬だったし、茶色のおりものの話をしてたので、水頭症の様子をチェックしそこねました。

「echo free spaceもないですし、見える範囲に出血はなさそうですね」
「ああ、よかったです」

echo free spaceがあると、そこに水分があるというわけで、要するにそこに出血が起こっているという証になるので、ないのは本当に幸いでした。
改めて内診台へGO。

「うーん……うすく色づく程度、ですね」
「と、思います」

というか、今はほとんど出てないと思うのですがね。
一番恐怖の子宮頸管長! は、4.8cmありました。
よかったー!
短くなってたら入院とかなるかもしれず、どうしようかと思ってました。

「このくらいなら、気づかない人もいると思います。問題なしでよいと思いますよ」

というわけで、無罪放免となりました。先生、お手数かけて申し訳ありませんm(_ _)m
出血源はわからず。おそらく、膣炎かポリープから微量の出血があるのでしょう。明らかな感染兆候もなかったようなので、それは非常に幸いです。
清潔にして様子を見るしかなさそうですね。

というわけで、ほっと一息です。
まあ、そんなこと言っておいて、徐々に増えたりするかもしれないので、気をつけて過ごそうと思います。
どうか34週まで……できれば37週まで、問題なく過ごせますように。


0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。

33歳女医、やっと子どもができた頃