スポンサードリンク

2013年1月18日金曜日

出血が増えてきた〜心拍、停止。

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
あれから、ピンクのおりもの→茶色のおりものになって、じわじわ続いていたのですが、昨日から生理最終日くらいの出血となりまして。
仕事が終わってからは安静臥床してたんですが、全然減る印象もなく。
来週の検診まで待とうと思ったのですが、先生に「出血や腹痛が起こったら、検診日前でも早めにかかってくださいね」と言われていたことを思い出したので、病院に電話してみました。

状態を伝えると、受付の方が
「電話では大丈夫かわかりませんので、予約はいらないので受診してください」
とおっしゃってくれました。

なので、早速受診。
今日の先生は、最初に受診した時の先生でした。前に書いたように、不妊治療を主にされている先生なので、処置もあったりですごい待合いの人数……

本でも読んで、待つこと2時間。
やっと呼ばれました。
今週から出血が続いていて……という話をすると、とりあえず診察してみましょう、と診察台に案内されました。
診察台に血がつきそうでドキドキしながら診察台のぼり、さて、早速エコー。

おお、前回見た時とは比べ物にならないくらい大きくなってる胎芽!

……は、よいのですが……

ない……
ないのです。前回、あんなにせわしなく動いていた心臓が。

縦に横に、先生がエコーを動かして見ているのがわかります。
でも……

先生「うん……出血は問題ないと思うんだよね。でも……」
私「心臓が……」
先生「うん……心拍が、見えないね……」

その後もしばらく、先生は、赤ちゃんを頭からおしりの先まで、何度もエコーで見ていました。カラードプラーという、血流があるか調べるモードでも見てましたが、血流はない……
解説してもらうまでもないのが、医者の悲しい性かもしれません。
ああ、これはダメだ、これは死んでるわ。
と、先生のエコーの腕前を疑う余地もないくらい、赤ちゃんが死んでしまっている現実を目の当たりにしました。
長くなったので一度切りますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。