スポンサードリンク

2013年1月8日火曜日

産婦人科2回目受診(多分6週あたり)

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク
産婦人科へ行ってきました。
さて、今日こそ胎芽と心拍が見えるでしょうか……
時期的には、見えておかしくない、けど、見えなくてもおかしくない頃。
見えていただきたい!
と思うわけですが、こればかりは。
時期としては、6週くらいでしょうか。つくづく、基礎体温はかっとけばよかった……

今回が2回目。
前回、不妊治療を専門とされている先生なので、ぱっと見わかりやすい妊婦さんはいない……というようなことを書きましたが、今日は別の先生なのに、やはりお腹の大きい人はいない……
もしかすると、私の通っている病院は分院をもってまして、もしかするとこちらの施設では、婦人科疾患や週数が早い妊婦さんをメインで診ているのかな?
まあそのうちわかるだろう。
さて、今回は前回とは別の先生。40代くらい……? 穏やかな先生でした。
ここの産婦人科は、皆さん優しい雰囲気。職業柄、いろんな医者を見てきているので、こういう先生と出会うとほっとします。
私もこうありたいなあ。
さて、診察台にのって、レッツエコー。もちろんまだ経膣エコーです。
子宮が写って……
おお! 心拍!
見えました。チカチカと瞬いて見える……というように一般の方のブログとかに書かれてますが、エコー見慣れてるせいか、はっきりと心臓の収縮に見えました。
まだ血管系が出来てるわけではないので、早く出来た心臓が準備運動している、といったイメージでしょうか。
「うーん、赤ちゃんの形はまだはっきりしないねえ」
 そういいながら先生が測ってくれたCRL(頭殿長、赤ちゃんの頭からお尻までの大きさ)は、7mm。
7mm! ちっちゃ!
この中で、多分1mmくらいしかない心臓がピコピコ動いてるわけですよ。すごいなあ。生命の神秘ですなあ。
 こんな感じ。見えにくいですが、青い丸でかこった部分が胎芽、黄色い丸でかこった部分が胎のうですね。

「生理周期が長いし、やっぱり1週くらい週数が遅れそうですね。次回、2週間後の診察の時に、予定日を決めましょう」
とのことでした。
胎芽の初期は成長にばらつきがあるのですが、ある程度の大きさになるのは同じ週数が必要です。で、そこを過ぎるとまたばらつきが出てきます。
というわけで、この早い時期に予定日が決まるんですね。
この話はまた次回の健診ブログで詳しくしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。

33歳女医、やっと子どもができた頃